SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
BOY×BOY 私立光陵学院誠心寮
メーカー
キングレコード
発売日・金額
1999.4.9
ジャンル
学園/アドベンチャー/シミュレー ション
対応OS・機能
Win
ボイス有(個別on/off設定可)
ストーリー
主人公は全寮制男子校の生徒。1年間の学生(寮)生活を楽しむことが目的。
ゲームの概要
平日自分を成長させていくシミュレーションパートと週末友達と遊び(デート)に行くアドベンチャーパートに分かれています。
期間が1年間と長く、お約束なイベントはもれなく押さえてあるので学生生活を満喫できます。
週末は友達にメールを出して遊びに誘うなどして人間関係を築いてきます。特に仲のよくなった相手とは特別なイベントが起こります。
感想
【お勧めユーザー】
有名声優さんが声をあてているので、ファンの方にはお勧め、かな。

名探偵コ○ン役のあの方の決め台詞も聞けます。

【難易度/攻略】
基本的にお目当てキャラの機嫌が良くなるように行動し、デートに誘いまくることで攻略できます。
隠れキャラを出現させる方法はヒントなしでは無理かと。
攻略キャラの追加など、オフィシャルHPでダウンロードできたようですが、今どうなっているのか不明…
【感想】
ボーイズゲーム黎明期の作品。
不満が全くなかった訳ではありませんが、それなりに遊べたので感動した覚えがあります。
このゲームの難はシミュレーション部分で、月曜に行動を決めると週の間はなーんにもすることがなく、SDグラフィックが出るわけでもなく、イベントの起こらない時はひたすら時間が過ぎるのを待っていなければならないというところ。
当時、遅いマシンで遊んでいたので、非常に辛かったです。
確か、どこかの漫画雑誌とタイアップしていて漫画も連載していましたよね。本筋というべきストーリーがあるにしても、他が付け足しのようなストーリーになってしまっていては、ゲームとしてちょっと問題ありなのではないかと思ってしまいました。
【攻略対象&Love】
Boysゲームですが一般作なのでアブナイシーンはないです、全然。
攻略対象のキャラクターそれぞれのシナリオはどれもよい感じで、上手くいって告白してくれる時はドキドキです。
しかし、キャラクターによってイベントの数やイベント絵の数に極端な偏りがあるので、好みのキャラのイベントが少なかったりした場合、不満感が残るかも 。
【システム&グラフィック】
感想部分に書いた通り、シミュレーション部分で工夫が足りない感じです。
絵にはあんまり期待しない方がよいと思います。イベント絵も少ないです。
【BGM&ボイス】
ボイスは上手な方とそうでもない方の演技の差が激しく、微妙…。
個人的お勧め度
★★★☆☆