SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
隠れ月
メーカー
発売日・金額
2001.3.24/¥6,800
ジャンル
和風ファンタジー/アドベンチャー
対応OS・機能
Win
CGモード/回想モード
ストーリー
架空の島国JAPAN(戦国状態)の魔法研究所が舞台。主人公は魔法によってつくられた「ぬへ」と呼ばれる人造生命体。限られた期間のなかでどう過ごすかによって運命が決まっていきます。
ゲームの概要
美少女ゲームで有名なアリスソフトの女性向け新ブランドであるAliceBlueの第1弾ソフト。
原画は 漫画家の高群保さんが担当。
平日の育成(シミュレーション)パートと休日のアドベンチャーパートに分かれています。
プレーヤーは91日の間主人公の各能力をのばしつつ、登場人物と会話をしていくことで物語を進めます。
RPG的な戦闘(訓練)場面も有。
感想
【お勧めユーザー】
原画家さんファンの方。和風ファンタジー好きな方にも。
【難易度/攻略】
シミュレーションが基本なので、主人公をうまく成長させていかないと登場人物とのイベントも発生しなくなってしまいます。
自力フルコンプは無理でした。ちょっとゲーム力が必要。
【感想】
ソフトハウスの母体が有名どころのせいか、ゲームとしてとてもしっかりした作りになっています。
ストーリーはけっこうシリアス。
明るいハッピーエンドみたいなのは、なかったような…。
これ、ボーイズゲームだったんですよね? 女性キャラも結構出ていたので、あんまりボーイズらしからぬ作品だったような気がします。あ、『女性向け新ブランド』って書いてますね(上の方に) 女性向け=ボーイズという訳ではありませんから、プレイヤー対象を女性にしたっていうゲームだったのかな。ううむ。
【攻略対象&Love】
なんだか登場人物が妙にメガネ率高かったです。
自分の好みのタイプはいなかったので残念でしたけれど。
【システム&グラフィック】
グラフィックが美しい。
ちびキャラからイベント絵まで文句なしに美しいです。
【BGM&ボイス】
個人的お勧め度
★★★☆☆