SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
Plastic Boys~水色のキモチ~
メーカー
GAIA
発売日・金額
2002.8.23/¥6,800(税別)
ジャンル
近未来/ビジュアルノベル
対応OS・機能
Win
CGモード/テーマソング/ボイス有
ストーリー
近未来の日本。街の様子は一変したが、受験戦争は相変わらず。受験のために上京してきた主人公の下宿先「刻和荘」には変わった住人が住んでいて…
ゲームの概要
シナリオを読み進む中で出てくる選択肢の選び方によってストーリーやエンディングが変化していくビジュアルノベルタイプのゲーム。
感想
【お勧めユーザー】
美少年眼鏡くん好きな人
【難易度/攻略】
お目当てキャラに関わるように選択を選んでいけば、ラブエンドにたどり着けます。
【感想】
美少女ゲームメーカーのボーイズブランド作品で、見てくれはキレイにできているようですが、片手間でちょっとやってみましたという感じが否めない作品。
残念ながら、ボリュームや難易度も全般的に貧弱という印象。
いっそボイス無しにして価格をもっと下げれば、気軽にできるゲームとしてユーザーを取り込めたのではないかと思いますが…。
【攻略対象&Love】
攻略人数が3人くらいで、相手は色モノ系キャラとダマシキャラしかいないというビックリな内容…。
それから、一筋に進んで行っても二人と関係を持つことになってしまうので、夢を見たい人には向かないかもしれません。
【システム&グラフィック】
キャラクターは可愛くて塗りも美しい。
CG全般の出来はさすがなのですが、CGの枚数は少ないです。
システムがうちのパソコンと相性悪いのか、一度でゲームが起動しないなんてことは当たり前、CGを見ようとしてフリーズしたりとか不安定でした。
【BGM&ボイス】
主人公(受)キャラの声を女性が吹き替えていました。私は「野郎の喘ぎ声は別に聞きたくない派」なので特に抵抗なかったです。可愛い系のキャラなら女性の声優さんでも構わないんじゃないかと思いますけど。
個人的お勧め度
★★☆☆☆