SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
ボクの彼氏はジュリエット
メーカー
発売日・金額
2002.10.11/¥6,800(税別)
ジャンル
学園コメディ/アドベンチャー
対応OS・機能
Win&Mac
CGモード/ボイス有/テーマソング有/モザイクon・off機能/緊急退避機能
ストーリー
田舎町の男子高へ転入してきた主人公は学園祭の目玉の上映用ドラマの主人公に大抜擢されてしまう。
「芝居の主人公とヒロイン役を演じたものが幸せなカップルになれる!」という、いわくつきのドラマの主役をやらざるを得なくなった主人公の練習の日々がはじまった…
ゲームの概要
色々目新しい機能がついている意欲作?
シナリオを読み進む中で出てくる選択肢の選び方によってストーリーやエンディングが変化していくドタバタボーイズラブコメディ。
感想
【お勧めユーザー】
軽いノリで、あまり深く考えなくて済むストーリー展開が好きな方向け。
【難易度/攻略】
攻略は難しいです。攻略には必ず選んでいなければならないポイントがいくつかあるようなんですが、それがどこだかよく分からない。失敗に気付くのは最後の最後なので、それからまたやり直しというくり返しになってしまいます(辛い…)
この手のゲームで詰まってしまった場合、よっぽど根性ないと自力コンプは難しいです。私はできませんでした。
【感想】
コメディと言ってるだけあって、コメディです(当たり前か)
伝説に従い、攻略キャラによって制作しているドラマのストーリーが変わるのは面白かったです。
【攻略対象&Love】
【システム&グラフィック】
モザイクon/off機能というのはoffにするとモザイクがなくなるわけでなく、モザイクをかけなくて済む構図に変わるとか**が透明になるなどの処理に変わるというものなのですが、これは必要だったのでしょうか? この機能のおかげで倍のCGを使うならスチルを入れる場面を増やしてくれた方が嬉しかったです。CGの枚数がけっこうあるような気がするんですが、実はほとんどこの機能の差し換え画像なのです。
スチルの塗りはきれいなのですが、ヌードの描き方がイマイチ萌えません。 ま、男性のハダカを萌え萌えに描くのは女性を描くより難しいのかもしれませんが、あまりにゴツゴツした感じで、なんだかなーという感じでした。
【BGM&ボイス】
最悪だったのが、ボイス。フルボイスなんですが、ほとんど聞けません。ない方がまし。失礼ですが、声がついてること自体腹立たしいというレベル(音声をoffにすれば済む話ですが)
BLでは尚更、声優としての演技力、必要なんですね。無理矢理声つけなくてもよかったのに…。
個人的お勧め度
★★☆☆☆