SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
好きなものは好きだからしょうがない White Flower
メーカー
発売日・金額
2003.7.31/¥6,800(税別)
ジャンル
学園/ビジュアルノベル
対応OS・機能
Win&Mac
CGモード
ストーリー
あの雨の日から数年。心に忘れられない傷を負いながらも再出発した主人公空。真実を手にするため、心から笑える日を信じて核心へと迫っていくが…
ゲームの概要
「すきしょ」の第4弾。完結編です。
シナリオを読み進む中で出てくる選択肢の選び方によってストーリーやエンディングが変化していくビジュアルノベルタイプのゲーム。
感想
【お勧めユーザー】
「すきしょ」シリーズファンの方。
【難易度/攻略】
「すきしょ」攻略が難しいのは毎度のこととはいえ、今回はさらにエンド制限(特定のエンドが別のあるエンドをみていないと到達できないようになっている)もあるもよう。しかも、どういう順序でエンドが開くのか、遊んでいて単純に理解できません。この話のつながりでエンドがあるんじゃないかと自分で考えて一生懸命攻略していても、順序が違っていることに気づけなければ、いくらやっても無駄という悲惨な結果に…。あまりにも意地悪。
【感想】
ついに『すきしょ』完結です。終わりましたね、一応。
しかし、このストーリーは大きな目的があって進んでいるので、オチに意外性がないというか、真相エンドを見ても、「ふうん、よかったね」というような感想しかありませんでした。
完結編ではこれまでのシリーズに登場したキャラクターが総出演。でも、出てくるだけの人が多くて……。
終わってみて、この話を4連作で作る必要があったのかどうか、少し考えてしまいました。各話のサブヒロインとか、何でも屋とかバッサリ切って、サイコなシリアスストーリーに1本にできたんじゃなかろうかと…。
とても深刻な展開と、全く緊張感のない展開が混在していて、それが『すきしょ』なのかもしれませんが、正直戸惑ってしまうところもありました。遊びすぎ、無駄多し。それが率直な感想かな。
【攻略対象&Love】
この話、結局カップリングが固定されてしまっているので、その固定カップルが好きになれなかった場合救いがないです。他のキャラに近付いて親密になれたとしても、カップルになれるというところまでいけない。Hなことはできても、浮気?みたいな感じで不完全燃焼なのです。
覗き見しかできないカップルも、紆余曲折の末結ばれるのではなく、いきなり新キャラが出てきてそっちとカップルになっちゃったりして…。
色々な意味でガッカリさせられました。
【システム&グラフィック】
絵に関しては、女にしか見えないヒロイン(!)的キャラや、ありえないような長髪、触角(?)な髪型など、違和感ありますが、慣れます。そーいうもんだと思えば。私は原画家さんの絵は好きですし、手書きっぽい塗り方も味があっていいなと思うのですが、「4」では立ち絵が雑で商業作品と思えないようなところが結構あって残念でした。
名前も出ない脇キャラの立ち絵を多数入れるくらいなら、主要キャラの立ち絵をもうちょっと丁寧に描いてほしかったです。
あー、それから。今回プレー中ひんぱんにパソコンがフリーズしまくりまして。キツかったです。結構重いですよね。システム。
【BGM&ボイス】
唯一、このゲームを通じてよかったと思ったのは音楽でしたね。
個人的お勧め度
★★☆☆☆