SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
24時、君のハートは盗まれる ~怪盗ジェイド~
メーカー
発売日・金額
2004.3.19/¥6,800(税別)
ジャンル
学園怪盗アドベンチャー
対応OS・機能
Win
CGモード/シーン回想モード/音楽モード/ボイス有
TXTスキップ・読み返し・オート・リアルタイムクリック(RTC)搭載
ストーリー
普通の学生だった主人公は、ある日突然魔法力に目覚め、同じ学園にある魔法力を持つ子供を集めた魔法科へ編入することになってしまう。
学園では理事長宅へ怪盗が忍び込み、秘蔵のコレクションを盗み出す事件が度々起っていた。怪盗の犯行予告状から魔法科の優等生である従兄弟が狙われるのではないかと考えた主人公は、従兄弟を守り怪盗の正体を暴こうと決意するのだが…
ゲームの概要
シナリオを読み進む中で出てくる選択肢の選び方によってストーリーやエンディングが変化していくアドベンチャーゲーム。
鹿住槙さん原案、天野かおるさん原画。
RTCシステムとは、選択肢のいくつかに時間制限が設けられているものがあり(色分けで区別できる)クリックするタイミング(早い・遅い・クリックしない)で展開や会話内容が変わっていくというもの。
感想
【お勧めユーザー】
シルクハットにマントの怪盗が大好きな人
声優さんが豪華なのでファンの方
【難易度/攻略】
基本的にお目当ての人に好意的に関わり続けていけば攻略できます。途中の選択肢からストーリーがキャラごとに分岐します。エンド条件はそれほどシビアでないので、何度か繰り返しプレーすればコンプリートできると思います。
【感想】
動作は快適、画面作りも凝っていて、背景・CGの塗り共とても綺麗です。BGMも文句ありませんし、主題歌の女性ボーカルもカッコよかったです。しかし、ほめる所がそのくらい………。なんか、つまんないワケでもないけれど面白くもないという…。
ストーリーはツッコミどころ満載です。
まず、肝心の怪盗なんですが、パッケージに顔が出ているように、正体が謎でも何でもないので、誰が怪盗なのか詮索する気にもなりません。
怪盗のファンという「男子」学生の「ジェイドさま~~~」という黄色い声もサムイです。
男がカッコイイ男性に惚れ込むのは、許します。しかし、方向性が違ってないか?
そもそも、怪盗の盗みの目的を考えると派手なパフォーマンスで怪盗を気取る必要性を全く感じないので、行動が意味不明に思われます。
大体、この話「君のハートをいただきま~す」というようなストーリーじゃないですし。根本的に何か間違ってるような気がしてならないのですが…
そして、主人公にとって、とても大事で守りたい存在の従兄弟は、頑固親父も真っ青の意固地で可愛げのない性格。こんな奴の為に必死になっている主人公が、かわいそうになってしまいました。…というか空しかったです。
それから、年頃の男子学生に『ちゃん』づけで名前呼ばせるのやめてほしかったです。18禁ゲームの割には、対象年齢を低く感じて、引いてしまいました。
主人公は魔力に目覚め、魔法科に編入する訳ですが、この魔法力の存在も少々あいまいな感じ。魔法というと、ファンタジックで、持つ力を呪文などによって発現させる術であることが一般的だと思うのですが、このゲームでは、予知や治癒、瞬間移動といった特定の能力に長けた存在を魔法使いと言っています。おそらく、魔法学校を舞台にした某有名児童文学の影響で魔法としたんじゃないかと思いますが、どちらかというと超能力と言った方がしっくりくる感じ。ファンタジーとは無縁っぽいですし。魔法科の授業についても、主人公よりよほど前に魔法科に入った従兄弟と同じクラスで、同じような事をやっているのが不自然で、設定の甘さを感じます。どうも魔法を御都合主義的小道具に使っているようにしか思えませんでした。
【攻略対象&Love】
このゲームでは 恋愛部分で登場人物の受け攻めという概念がなく、RTCのタイミングで立場が変わったりします。全員リバで嬉しい人がどのくらいいるか知りませんが、この人は受けたら変だろうというキャラもいるので、ちょっと無理があるような気がするんですけど…。
それから、ハッピーエンドのルートに入りそこなると、攻略狙いのキャラが他の誰かといきなり仲良くなってしまうという展開がとても多く、唖然、脱力…でした。
【システム&グラフィック】
画面デザインは綺麗 ですが、キャラごとのCGモードが、ハッピーエンドを見ないと開かない構造は不親切。セーブポイント20もちょっと厳しいです。回想画面も、選択が文字で、誰の回想か咄嗟に分からないものが多くて、これまた不親切。残念です。
絵自体については、それほど問題を感じませんが、枚数は少なめ。使い回しは多いし1枚でもたせるには厳しいシーンは多い。表情替えで誤魔化してますが。テキストと合っていないところや、場所が全然違うだろうというシーンもありました。途中でシナリオ変わったんでしょうか。H絵には期待しない方がいいです。
【BGM&ボイス】
ボイスなんですが、有名声優さんが多数出演しているのに、どうも噛み合ってない感じが。誰とは言いませんが、H場面になるとおカマ化するのは勘弁してほしかったです。途中で挫折して音声切ってしまいました。やっぱり上手だなと思わせてくれる人もいるので、もったいなかったです。
個人的お勧め度
★★★☆☆