SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
ラシエルの箱庭 ー少年と解放の呪文ー
メーカー
発売日・金額
2004.7.30/¥6800(税別)
ジャンル
アドベンチャー/伝奇ファンタジー/館モノ
対応OS・機能
Win
CGモード/シーン回想モード/音楽モード/おまけシナリオ有
ボイス有(主人公以外の主要人物のみ・個別on/off設定可)
TXTスキップ・読み返し・オート有
ストーリー
人より優れた才能を持ちながら、退屈を持て余し怠惰な生活を送る主人公。ある日、彼の元に遠縁の親戚である幼馴染みが訪れ、とある貴重な<商品>の監視を任せたいと申し出る。しかも<商品>の体さえ傷つけなければ何をしてもよい、という条件までつけて。その商品とは”天使”の血を引くという少年だった。興味を抱いた主人公は、その少年のいる閉ざされた館で、期限付きの共同生活を始める事になる。やがてそれは、主人公自身の秘密にも迫っていくことになり…
ゲームの概要
b_workブランドによる初の18禁ゲーム
シナリオを読み進む中で出てくる選択肢の選び方によってストーリーやエンディングが変化していくアドベンチャーゲーム。
ゲーム期間は約一週間ほど
選択による関係値の上昇下降が分かる機能つき
原画・桜沢いずみさん、音楽・水月陵さん
感想
【お勧めユーザー】
伝奇ファンタジーおよび館モノの好きな人
可愛い少年をどーにかしてみたいと思う人
【難易度/攻略】
基本的にお目当ての人との関係値が上がるよう接していけば攻略できます。簡単です。
関係値は毎日の終了後に見る事ができます。
攻略順の制限があるようなので、行き詰まったら他の人を攻略してみるといいかもしれません。ある程度進めると、おまけのサブストーリーが読めるようになるので、サブストーリーにも目を通しておくとよいかと。
【感想】
総合的にみて、とても丁寧に作られている感じでした。
ストーリーは基本的に一つで、途中から攻略キャラルートに入り、それぞれのルートごとに明かされる真相部分がちょっとづつ違うという感じです。
選択には「ひねり」とかありませんので、いい人になりきって攻略していけばいいです。非道な選択肢を選んでいると、すぐバッドエンドになってしまいます。このバッドエンドがほとんど全部同じ終わり方なので、もう少しバリエーションがあってもいいのではないかと思いました。
それから、主人公のストーリーはラブラブで終了でいいとしても、ストーリーの発端となる根本的な問題について、未解決のまま終わってしまっているので、ちょっと消化不良な感じはありました。
鬼畜方面の話を削ると、ティーンの人が好きそうな、伝奇ファンタジー物語なので、全年齢でも行けそうではあるのですが、<商品>とは結局、奴隷のようなもので、そういう裏商売の件がないと話が成り立たないという点では、18禁にならざるを得ないのでしょうかね…
そうそう、18禁ソフトという性格上、登場人物はすべて18歳以上ということになっているのですが、<商品>の少年の18歳には無理がありすぎかと思いました。
【攻略対象&Love】
攻略対象は3人と少なく、メインのお相手が『ビクビク小動物系』のショタ少年。この子を好きにしていいよ、と言われて「ラッキー!」と思えないと、ゲームの楽しさ半減です。
まともに進めていくと純愛系、ご無体を働いていると鬼畜系の話になり、鬼畜系は結局バッドエンドです。残りの攻略対象は、ヘタレ攻め系の青年と、いかにもな美少女メイドさん。究極の3択というか…、ボーイズゲームとしてこれでいいのかちょっと不安な感じではあります。
青年ルートは『性別の壁を乗り越えてでも相手を欲しがる』というボーイズ話の醍醐味(?)が味わえるので、とても萌えました。声優さんもお上手な方でしたし。
メイドさんルートは本当に美少女ゲームを遊んでいるような感じです。最初はメイドさんウザイとか思ってしまったのですが、最後は泣いてました(苦笑) ちなみに本編中でメイドさんとのHはありません。何でないのかは、おまけストーリーで分かります(読んだ時は、あまりの展開にひっくり返りましたが)
このゲームはHシーンを回避できます。そういうシーンの前に、選択肢が出るので、見たくない場合は、しない方を選ぶわけです。しなくても、展開に影響は出ません。本編でのHシーンはあまり多くなく、 基本的に純愛系Hです。物足りない分は、おまけストーリーで補ってあるようです。
【システム&グラフィック】
画面デザインはきれいで作品の雰囲気とよく合っていますし、システムも快適で目立ったバグもありません。
原画は美少女ゲームを手がけていらっしゃる方が描いているそうで、少年、美少女に比べて青年はあまりお得意でないもよう。塗りがとても綺麗なので、あまり不満には思いませんでしたが、エロ度は低めで、枚数もそれほど多くないです。
キスシーンとか、もうちょっと描いてほしかったです。
【BGM&ボイス】
BGMは「すきしょ」の音楽を手がけられた方です。個人的にファンなので、初回特典のサントラを狙って特攻買い…。さすがに、綺麗なメロディで、大好きと思える曲があるので、うれしいです。ただし、ゲーム中では、音楽を流しているだけ、という感じなので、音の入れ方をもう少し工夫して欲しかったような気がします。
個人的お勧め度
★★★☆☆