SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
学園Prince ~学園征服宣言~
メーカー
BOY'S SOFTWARE
発売日・金額
2004.7.30/¥6800(税別)
ジャンル
アドベンチャー/学園
対応OS・機能
Win/CGモード/シーン回想モード/音楽モード/おまけシナリオ有
ボイス有(個別on/off設定可)
TXTスキップ(既読未読区別なし)・読み返し・オート有
ストーリー
主人公は財閥長である叔父に呼ばれ私立愛翼学園への転校を命じられる。そして、20日以内に理事長室の金庫に保管されている書類と理事長印を盗み出すよう指示される。同じ指令はすでに愛翼学園に通っている従兄弟にも下され、財閥の後継者にふさわしい人物かどうか見極める試験にもなっているという。任務を成功させたあかつきには、学園の支配権を得られると聞いて軽い気持ちで引き受ける主人公。従兄弟とのハンデに学園内から協力者を一人得てよいと言われ、理事長に関する情報集めと同時に仲間探しをはじめるのだが…
ゲームの概要
前半は1日2回学園内にいる登場人物に会って交流する移動場所選択型のAVG、後半は攻略対象キャラごとにシナリオが分岐し、シナリオを読み進む中で出てくる選択肢の選び方によってストーリーやエンディングが変化していくノーマルなAVG。
ゲーム期間は20日ですが後半に日にちの感覚はありません
原画・Dr.天さん、シナリオ・バーバラ片桐さん
感想
【お勧めユーザー】
原画さんとシナリオさんのファンの方、濃いエロを求める方
【難易度/攻略】
ゲームはおおまかに前半(10日頃まで)と後半(それ以後)に分かれており、前半の自由行動の中でお目当てキャラの好感度を上げストーリーを進めておかないと、期限切れで終了してしまいます。ただお目当てキャラに会っていればいいという訳でなく、他の人から情報を聞いたりしなければならない時もあるので、そんなに簡単ではなかったです。私は自力コンプできませんでした。ゲームの構成は単純ではあるのですが…。
【感想】
原画家さんやシナリオライターさんにプロで活躍されている方を使った派手な作品。
かなりマニアック(?)なシーンや描写が出てきますが、原画さんとシナリオさんのチャンネルは合っているようで、作品世界は再現できているのではないかと思います。
主人公の目的は理事長の金庫破りということで一貫していますが、協力者(攻略対象)キャラのルートごとに理事長の正体(というか事情)や金庫破りの方法が全く変わってくるのは面白かったです。
しかし、です。私はこのゲームに、のめり込めませんでした。
パッケージに「シリアスとユーモアを織りまぜた」みたいなことが書いてありましたが、ユーモアが笑えない。
会話が楽しいところはありますが、「ユーモア」通り越して「下ネタ」になっているというか、「ボーイズ」じゃなくて「ゲイ」ものかと思うようなノリで、引いてしまいます。で、引いたまんまシリアスに突入されても、戻って来れないというか…。つい、さめた目で読んでしまったりしてました。
【攻略対象&Love】
H場面は最後のご褒美的に入っているため、ストーリー中では少なめなのですが、その少ないシーンでナチュラルに変態行為を始める方もいて、ますます引きました。まともな関係が(←ボーイズ自体まともじゃないとかいうツッコミは無しで)本当に少ない。実験とか、男体盛り(…)とか。倦怠期のカップルじゃないんですから…。
また、ある場面で自分の選んだ持ち物によって、その後突っ込まれるモノ(…)が変わるという馬鹿げた選択肢もあり、激しく脱力…。オカマの保健医や理事長など、色欲でギラギラしているようなキャラも気色悪くて、ダメでしたね。私とライターさんの萌えは対極にあるということです。
逆に、上記のようなノリが嬉しい人には、楽しく遊べるゲームかもしれませんね。
【システム&グラフィック】
バグがあるようで、パッチを当てるとセーブデータが使えなくなるそうなので、あらかじめパッチを当ててから始めた方がよいかもしれません。
ゲームのデザインは、イマイチ。メニューの文字は見づらいし、校内を移動して人に会う場面は、ずらりと並んだキャラの「顔アイコン」を選択するので、「どこに行く?」という場所を選んでいる感じがしませんでした。
それから、バッドエンドが結構あるのですが、バッドエンドになると何の予告もなく暗転してそのままタイトル画面に戻ってしまうので、呆然としてしまいました。
既読のみスキップがないのも、ちょっと衝撃でした。
原画家さんの絵は好き嫌いがあるかもしれませんが、線がはっきりしているCG向きのタッチで華があります。キスシーンや、からみの絵がお上手なので、絵は期待してもいいのですが、枚数はそれほど多くなく、開発に2年近くかけているだけあって、イベント絵の半分以上、雑誌などに掲載された見た覚えのある絵だっというのはガックリでした。
また、絵が足りない部分は、画面いっぱいのキャラのどアップを百面相させてごまかしていて、このアップが何故か服を着てないので、表示されると違和感を感じました。
【BGM&ボイス】
声優さんが豪華で、主人公役の方も上手な方だったので、ボイス有り派の方にはうれしいかもしれません。
個人的お勧め度
★★☆☆☆