SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
ハンクス・ワークショップ!
メーカー
発売日・金額
2004.12.17/¥8,190(税込)
ジャンル
便利屋シミュレーション
対応OS・機能
Win/CGモード/エンディングリスト/モザイクアニメ(on/off設定可)/ボイス有(個別on/off設定可)/TXTスキップ(既読未読区別なし)・読み返し・オート
ストーリー
有名大学を卒業したものの定職にもつかず自堕落な生活を続けていた主人公は、叔父から叔父の経営する便利屋チェーン店の見習い店長をするよう命じられる。期限内にノルマをこなせなかったら、住んでいる叔父のものであるマンションから追い出されてしまうのだ。主人公は仕方なく、便利屋「BODY & SOUL」の見習い店長として働くことになる…
ゲームの概要
エフジーデビュー作
便利屋に依頼された仕事を従業員に割り振り、30日間で100万円以上の売り上げを目指す。
主人公総攻め。お相手は全員マッチョ男性
原画まさのりさん、シナリオ花田アキヒコさん
感想
【お勧めユーザー】
原画家さんファンの人・マッチョな男性が好きな人・ボーイズラブより、もっとホンモノっぽいのが見たい人・鬼畜大好きな人・主人公はどんな相手だろうと攻に限る!と思う人

※上記に一つもあてはまるところがない人は購入しない方が吉かも

【難易度/攻略】
難しいです。
操作は日々依頼される仕事を従業員に割り振るだけなので簡単ですし、毎日仕事をさせていれば、ノルマをこなすのも難しくありません。しかし、それぞれの攻略対象キャラのルートに入ろうとすると、特定の条件を満たす必要があり、それが誰かと会うことだったり、会話の内容だったり、割り振る仕事の内容だったりと、相手によってバラバラなのです。
CGはキャラ別イベント絵と、仕事ぶりを覗き見して集められるものがありますが、展開によって差分がたくさんあるものがあり、全部集めるのは大変そうです。
【感想】
メーカーさんは、ボーイズラブゲームとして作られたようなんですが、やっぱりこれはゲイゲームと思った方がよさそうです。
女性が遊んでも楽しめるように頑張ってつくったな、という印象。ただし、良くも悪くもリアルなので、夢をみたい人にはお勧めしません。楽しめるかどうかは、総攻めキャラである主人公のお相手が、全員主人公よりガタイのでかいマッチョ男性であるという点を許容できるかどうかにかかっています。
真面目に一生懸命仕事をしてくれる従業員(=攻略対象)は部下として可愛く思えますし、仕事先でハプニングに遭っているところなども(こっそり覗くという方法しかないのは難ですが)微笑ましいのは事実ですが、それを押し倒したいと思えるかどうかは…。
【攻略対象&Love】
従業員とのエンドは、純愛と鬼畜の2パターンあり、恋人同士になるか仕事仲間のままでいるか選択することができます。関係しておいて、お友達ってのもアレですが…。
さらに、従業員全員と仲良くなってしまうハーレムエンドみたいなものや、店にやって 来る脇キャラとのエンドなどもあります。
主人公は同性愛の気がある訳ではなく、従業員たちも(一部をのぞき)普通の人なのですが、日々接しているうちになんとなくおかしな雰囲気になって、ついには関係してしまうという過程は、結構萌えるところがあります。
鬼畜はこれ以上ないくらい鬼畜。目眩がするほど堕ちていきます。純愛の方は、大切な相手を得て互いを思いやりながら明るく建設的な方へ二人で踏み出すというような感じのエンドが多く、清清しい。常に一緒にいてイチャイチャベタベタすることだけが恋人じゃないゾ、と。ボーイズラブでありがちな、受の子が精神的にも『オンナ』というような感じはないです。さすが。
ただ、 純愛エンドを見てしまうと、鬼畜エンドの攻略対象キャラが哀れすぎて、ちょっとやるせない気持ちになりました。
【システム&グラフィック】
修正パッチが出ているようなので、あらかじめ当てておいた方がいいです。
個人的には、画面表示の説明不足が気になりました。アイコンやゲージについて、最低限の解説しかないので、何を意味しているのかよく分からない表示がある。
ゲーム中でも、純愛ルートに入るとH場面で「まな板の上の鯉」状態になった相手を触るという(この辺がゲイものっぽい)モードが出てくるのですが、初めこの画面になった時、どうしていいか分からず呆然としてしまいました。そんなモードが出るとは、どこにも記載はないし、その場面の表示の意味する所も解説ありませんし…。
とにかく、表示の意味を推測するゲームではないのですから、ちゃんとした説明をつけてほしかったです。
絵はデッサンに問題ありませんし、仕事ハプニング絵も楽しい。筋肉ムキムキキャラばっかりですが。
【BGM&ボイス】
音楽は、ヘビメタというかパンクというか、ちょっとハードすぎるような気がしました。ノリがやっぱり漢っぽいです。
個人的お勧め度
★★★★☆