SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
花町物語
メーカー
発売日・金額
2005.8.26/¥6,800(税抜)
ジャンル
アドベンチャー/和風レトロ/遊廓
対応OS・機能
Win/CGモード/シーン回想モード(一部)/音楽モード
ボイス有・TXT既読スキップ&全スキップ・読み返し・立ち絵口パクアニメ有
ストーリー
主人公朱璃は母親が遊女、父親が英国人で、金色の髪をしている。両親を亡くし、母親が働いていた遊廓に引き取られて小間使いとして働くが、外見の違いから、店の主人や下働きの者からも虐げられる日々を送っていた。
ある日、店の主人から折檻を受けていた朱璃は、通りがかった男性の目にとまり、その場で買い取られる。その男性は、遊廓の中の陰間茶屋「華菱」の主人で、朱璃を陰間として働かせるために買い取ったのだった。
朱璃は商品として買われたことにショックを受けるものの、以前とは違う恵まれた境遇に感謝し、陰間の仕事に耐えていこうとするのだが…
ゲームの概要
VibidColorの第3作
明治頃の日本をイメージした、架空の時代の物語
主人公が買い取られてから水揚げ(陰間デビュー…)までの4日間、華菱内でどう行動し、会話するかによって、水揚げ時の相手が変わり、以後は相手になったキャラとの個別ルートに進む
原画、タカツキノボルさん
感想
【お勧めユーザー】
和風レトロな雰囲気の話が好きな人
不幸な境遇の人物が玉の輿(?)に乗る話が好きな人
声優さんファンの人
【難易度/攻略】
基本的には、攻略したいキャラと多く関わり、好感度を上げるような選択をして、個別ルートに入ったら、色々選択肢を試していけば、それなりに攻略できます。
ただし、好感度を上げすぎると回収できないCGや、BADエンド時に表示されるCGなどもあり、フルコンプするのは結構面倒です。
私は自力コンプできませんでした。根性があれば、できるレベルだと思います。
【感想】
和風レトロな雰囲気というのは結構ですが、私は主人公の性格とシナリオに耐えられませんでした。
主人公、作中で「華菱で働くために生まれてきたような」とか言われているように(←たぶん容姿のことだと思いますが中身も)初めからド淫乱でカマっぽい。陰間の素質バリバリという感じで、プレイしていて引いてしまいました。さらに相手と気持ちが通じた時の描写が、書き手が自己陶酔しきったような甘々な文章で、増々引きました。
遊廓というか陰間茶屋が舞台なのに、恋愛部分は基本的に純愛系で…。結果 、デビュー後も同じ人に買い続けてもらったり(すごい大金持ちがいたもので…)、法外な値段で買い取られたにも関わらず、簡単に身請けしてもらえたり…、ということになってしまっています。そうでもしないと話にならないのだとしても、なんだか展開に釈然とせず、今一つゲーム世界に入り込めないところがありました。
仕事で嫌な客の相手もしなければならないワケですが、そういう場面をあまり描いていないので、風俗営業、美化しすぎかなという気も、ちょっとしました。
シナリオは、ありがちで先が読めてしまったり、展開が急すぎで読んでいて戸惑ったりしたところもありました。
悲しい結末や、3Pとかムリヤリとかもあるのですが、絵がきれいなせいか、陰惨な印象はあまりないです。いいのか悪いのか、イマイチ分りませんが。
【攻略対象&Love】
攻略キャラは、鬼畜眼鏡・二重人格くん←ネタバレ・妖艶な先輩陰間、寡黙な門番、真面目な軍人、おじさま、陽気な絵書き。
主人公は基本的に受け身ですが、相手によっては逆になることもあります。
1巡目では全てのルートを攻略できないキャラもいるようなので、詰まったら始めからやり直してみるといいかもしれません 。
【システム&グラフィック】
システムは、一通りのものはそろっており、動作も問題ありませんでした。
結構エンドのパターンがあるので、エンドリストがあると嬉しかったです。
背景グラフィックは、手抜きなアニメ背景のような手書きタッチですが、雰囲気は出ています。
キャラクターグラフィック&立ち絵は、このブランドの売りで、タカツキノボルさんのグラフィックワークはとても美しいです。イベント絵は遊廓を舞台にしているだけあって、ほとんどH絵で構図も様々です。
【BGM&ボイス】
BGMは、押さえ目でやや寂し気な印象。作品には合っていると思います。
音声は、有名声優さんが多数出演なさっているので、声目当ての方は嬉しいかもしれません。ただし、個別にon/offできないようです。
有名な方ばかりなので、演技に問題はありませんが、主人公だけは勘弁してほしかったです。あの性格であの容姿だったら、女性を起用してくれた方が、まだ耐えられました。
だって、成人男性の声で 「●●さんったら、もう」とか、「●●なのぉ」とか。
聞きたいですか?
私は恐ろしくて、途中から音声カットしてました。スミマセン…
個人的お勧め度
★★★☆☆