SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
鬼畜眼鏡
メーカー
発売日・金額
2007.7.20/¥7,980(税込/初回限定版価格)
ジャンル
アドベンチャー/リーマン/眼鏡
対応OS・機能
Win/CG鑑賞/シーン回想/音楽鑑賞/TXTスキップ・読み返し・オート
ボイス有(個別on/off設定可)
ストーリー
気弱な営業マンである主人公は、会社内でもリストラ寸前という部署に所属していた。
失敗して落ち込んでいたある日、黒尽くめの不審な男から眼鏡をもらう。
それは人生を大きく変える眼鏡なのだという。
眼鏡をかけた途端、主人公はごう慢だが、有能な出来る人物へ変ぼうする。眼鏡のおかげで大きなプロジェクトを担当できることにもなったが、これまでの自分では考えられないような行動をしてしまうことに不安を覚え始める。
プロジェクトを成功させるために眼鏡をかけ続けるのか、それとも…
ゲームの概要
Spreyの第5作
眼鏡をかけるとヘタレから鬼畜に変身
眼鏡をかけるかかけないかで自分の性質が変化し、選択肢によってストーリーが分岐していくアドベンチャーゲーム
漫画家のみさざき楓李さん原画、TAMAMIさんシナリオ
感想
【お勧めユーザー】
眼鏡好きな人
鬼畜な展開に抵抗がない人
原画家さんファンの人
【難易度/攻略】
鬼畜(眼鏡あり)でいくかノーマル(眼鏡なし)で行くかを心に決めて行動し、あとは選択肢をていねいに辿って行けば攻略できる…、のではないかと思いました。
すみません、購入してから時間がたってからプレイしたので攻略情報を見ながらプレイしてしまいました…。
【感想】
眼鏡好きとして、ストーリーを見てどうなんだろうと思っていたのですが、予想外に面白かったです(すみません)
鬼畜眼鏡というタイトルのゲームですが、眼鏡(鬼畜)主人公は突き抜けて鬼畜というより…、たしかに冷たい感じでいきなり男を強●しちゃったりしますけど、砂を吐く程鬼畜でないというか…。鬼畜になる相手は特定の、自分が興味ある人間だけという感じなんですね。
ぶっちゃけ、鬼畜眼鏡ふつうにカッコイイのです。
ダメダメなヘタレリーマンな主人公が眼鏡をかけるだけで、急に仕事ができるようになったり、嫌な上司を言い負かしちゃったりするのは、見ていて痛快です。
ただし、鬼畜もやりすぎると痛い目にあいますが。まあ、そういう意味では 節度ある鬼畜モノという感じでしょうか。
鬼畜になった主人公はとんでもない行動を起こしますので、その後のストーリーがどうなってしまうんだろう?という興味もわきました。
基本的なストーリーは骨太なリーマンものという感じなのですが、「眼鏡で変身」がファンタジー的要素をプラスしていますね。
テキストのボリュームがあって遊びごたえがあると思いますが、ただちょっと。台詞がくどいかなと思うような点はありました。
【攻略対象&Love】
攻略対象は5人。 冷徹な親会社の上司、体育会系な同僚、ヘタレな直属の上司、ワンコ系の大学生、気位の高い猫みたいな美少年。
基本的に主人公がノーマルだと受け、眼鏡だと攻めのストーリー展開になります。キャラクターによって、ノーマルと眼鏡両方のルートがある人や片方しかない人もいます。キャラクターの設定をみると、オールリバというのも不自然な感じがしますので、これでいいんじゃないかと思いました。
あんまり好みのキャラクターがいなかったんですけど…。強いて言えば鬼眼鏡主人公が好きだったので、全編楽しく遊ばせてもらいました。
アダルトシーンは1ルートで複数回あります。鬼畜なルートだと大変なことになったりもします。萌えられるかどうかは微妙な場合もありますが。
【システム&グラフィック】
システムは卒なく揃っていますし、動作も快適でした。
鬼畜メーターがあって、自分がどのくらい鬼畜なのか確認できるようにもなっています。
キャラクターグラフィックの塗りはきれいで、背景も細密で美しいです。
【BGM&ボイス】
BGMは、都会的で控えめな感じ。ゲームの雰囲気と合っていると思いました。
オープニングムービーのボーカル曲はメチャメチャカッコイイです。それだけでサントラ買いたくなりました。
ボイスは、ちょっとな…と思う人やグッジョブ!と思う人などいろいろでした。皆さんお上手でしたけれど。
個人的お勧め度
★★★★☆