SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


タイトル
逢魔の森
メーカー
マリンハート
発売日・金額
22002.4.26/¥7,800(税別)
ジャンル
ミステリー/ファンタジー
対応OS・機能
Win&Mac
CGモード/回想モード
ストーリー
全寮制男子校『セントルイス学園』には『退魔補完委員会』という委員会がある。
主人公は親友に誘われその委員会に入会せざるをえなくなってしまった。そして学園内に広まっているある噂についての調査をすることになったが、調査をすすめる内に仲間が次々と行方不明になってしまう。
一方、あるものを探しに学園へ赴任してきた女教師がいる。彼女は学園で起こった行方不明事件に自分が探しているものを盗んだ者が関係している事を知り、事件解明に乗り出す。
ゲームの概要
台詞や移動場所の選択肢を選びながら物語を進めていくアドベンチャーゲーム。
男子学生と女教師の全く立場の違う主人公を選択可能。男女の枠を越えた自由な恋愛を楽しむことができる。
感想
【お勧めユーザー】
男女の枠を越えた自由な恋愛を楽しみたい人…
【難易度/攻略】
基本的にお目当てキャラに関わるように物語を進めて行けば攻略できます。簡単です。
【感想】
男女の枠を越えた自由な恋愛……。発売元はボーイズブランドですが、これをBLゲームというのは、苦しいです。なにしろ、女性が入っているカップリングの方が多いですから…。ボーイズゲームファンにはゲーム中に女性が出てくるだけで拒否反応を示す方も多いので、あまり受けないんじゃないかと思いますけど。一体どこにプレーヤー対象を絞ったのでしょうか? ノーマルカップリングの18禁モノで女性向け作品は珍しいのですが。
ストーリーに出てくる「退魔補完委員会」とは様々な分野の術者がお互いの足りないところを補いつつ魔を退けるという団体なので、妖精使い、真言使い、陰陽師など色々な能力者が出てきます。一見すごく面白そうなんですが、どうしてそれがゲームに活かされないのか…。そういう設定にしているというだけでキャラクターの描き方が薄っぺらなので、なまじそっち方面の知識がある人はかえって不満に思ってしまうかもしれません。ううう、勿体無い。
【攻略対象&Love】
男→男、男→女、女→女、女→男という組み合わせがあります。
そういう訳でこのゲームは分類不能。強いて言えば「ただの18禁(エロゲー)」という分類でしょうか(汗)
ゲーム中にはアダルトシーンはほとんど出ませんが、特定の人物と仲良くなれると最後にご褒美Hシーンが(唐突に)現れるという感じです。
【システム&グラフィック】
【BGM&ボイス】
個人的お勧め度
★★☆☆☆