SSB管理人が購入した女の子向けPCゲームの感想置き場です


HOME > 18禁レビュー > プリティ★ウイッチ★アカデミー!

タイトル
プリティ★ウイッチ★アカデミー!
メーカー
発売日
2009.7.24
ジャンル
乙女/アドベンチャー/ファンタジー
対応OS・機能
Win/CG閲覧/シーン回想/音楽鑑賞
TXTスキップ・読み返し・オート
主人公以外フルボイス(個別on/off設定可)
ストーリー
魔法学校として世界でもトップクラスに位置する「シルバースターアカデミー」
主人公は弟と共に入学を許可された。ただし、「運」による補欠合格者として。
世界には、どんな願いもかなえてくれるという黄金龍が存在し、シルバースターアカデミーでは、 成績優秀な男女の学生がその召還に挑戦する権利を与えられるという。魔法使いとしての実力は無いも等しい主人公だったが、胸に秘めた願いを叶えるため、召還者に選ばれるべく魔法修行に励もうとするのだが…
ゲームの概要
Strawberry*Maidenデビュー作
シナリオを読み進む中で出てくる選択肢を選びながら進め、序盤の選択でキャラクタールートに分岐していくアドベンチャーゲーム。
感想
【お勧めユーザー】
魔法戦闘のあるファンタジックな学園モノが好きな人
【難易度/攻略】
キャラクター分岐する場所が分かりやすくて、ルートに入れば一本道なので、難しいことはないかと思います。
選択肢がそもそもあまりないので、失敗した と思ったらやり直して前に進めると思いますし。
全攻略対象をクリアすれば、CGやシーンなどはみんな回収できているはずです。私が自力でフルコンプできましたので。
【感想】
王道魔法学校モノという感じ。
魔法があり、モンスターが出たりするものの、基本的に社会には人外の住人はいないことになっている世界のようです。
現実世界をベースにした微妙な国家間の関係ですとか、複雑な人間関係などを描いている、読みごたえのあるシナリオになっています。
登場するキャラクターも立っていて、攻略とは関係のないキャラクターや女の子友達にも感情移入できます。
魔法の呪文なども凝っていて、カッコイイ。
章仕立てになっているのも楽しい感じで、連続アニメを見ているような気分にもなりました。
残念なところを挙げると、物語の重要な部分で台詞がテンプレートみたいに同じくなってしまって…。喋ってる人は違うのに、言っていることが全く同じだな…という部分が、結構あります。同じ内容を話すにしても、人によって口調や説明の仕方が違うでしょうに、そこまで同じはどうなんだ?と。
攻略するキャラクターによっては途中で違うエピソードが入ってきたりするので、全く同じ物語を辿らされるワケではない所に多少救いはありますが。
シナリオボリュームが膨大なので、読んでいて結構疲れました(重複が多いので精神的にも…) 個人的には、ルートごとに明かされる真相を変えて、その分ボリュームを絞ってくれた方がうれしかったです。
【攻略対象&Love】
攻略対象は5人。
義弟、色男、不良、俺様、先生。
正直、ラブな部分については不完全燃焼でした。すぐにラブラブとはいかない展開ですし、主人公あまりに奥手…で、アダルトシーンでは、ドン引きするようなことを口走ってくれるし。リアルと言えばそうなんでしょうが、夢がなくて萌えられなかったです。
キャラクター立ち絵がすでに幼く感じるのに、アダルトシーンのスチルで男性側がさらにショタ顔になってたりして「えーー…」と思ってしまうところもありました。アダルト作品には向いてない絵柄なんじゃないのかな、と…。
ロリ、ショタ好きなら楽しいかもしれませんけれど。
【システム&グラフィック】
動作は軽く、システムグラフィック、キャラクターグラフィックともに、大変きれいですし、立ち絵のパターンも多く、立ち絵を使ってお芝居している所もあるくらいの演出の凝り方です。
背景も描き下ろしで美しい。魔法効果なども呪文同様カッコイイです。
ただ、上にも書きましたけれど、主要キャラクターが(おそらく18才から20才あたりの年齢の学生が多そうなんですけど)ほとんど中学生くらいにしか見えないのは、どうなんだろうとは思いました。
イベントスチルで差分かと思うような同じ構図の絵を使い回しているところが目につくのも、ちょっと残念でしたね。
【BGM&ボイス】
作品の雰囲気に合った印象的なBGMはよかったと思います。
ボイスは皆さん上手ですし、たくさん喋る必要のある脇キャラに、とても上手な人を配しているので、つい聞き入ってしまったりしました。ドラマ性のある物語なので、主人公にもボイスがあってもよかったんじゃないかと思ったくらいです。
個人的お勧め度
★★★★☆(3.5くらい)